ナットウキナーゼ 効果

ナットウキナーゼ 効果

脳梗塞の原因、血栓対策に効果があるというナットウキナーゼについて

High-Qualityショッピング・コレクション > ナットウキナーゼ 効果

ナットウキナーゼ 血栓

スポンサード リンク

ナットウキナーゼは納豆から摂れる酵素です。

注目を浴びたのは、近年、東京農業大学の小泉武夫名誉教授の著書で「血栓を溶解する働きがあり、血栓の主成分であるフィブリンを溶かす」と発表されてから。

一日に必要とされる量は納豆100グラム、約2パック分ですが、
実際には胃酸で60%が死滅してしまいます。

酵素は死んだものでも生きたものと同様の効果を持つと言われています。

しかし、
なんとなく納得できない・・・
じゃあ、5パックも食べなきゃいけないってこと!?

という不満は残ると思います。

ナットウキナーゼ 効果

血栓の融解効果から、脳梗塞などの予防につながると注目されるナットウキナーゼですが、納豆自身から1日に推奨される量を摂るのはちょっと難しい。


というわけで、サプリメントを利用するのもひとつと思われます。

主なサプリメントは
・小林製薬
・DHC
・ファイン

などでしょうか。


ほかに、同様の血液サラサラ効果が得られる食品には

・たまねぎ、長ネギ、にんにく、らっきょう
→ドロドロ血液改善

・鯖、アジ、いわし、秋刀魚(EPA)
→血小板凝固を防ぐ


などが挙げられます。

これらと納豆をうまく組み合わせて、脳梗塞予防にお役立てください。

ナットウキナーゼ 効果 トップへ戻る