小松菜 栄養

小松菜 栄養

カルシウム豊富な野菜、小松菜について栄養や保存法などを紹介します~

小松菜の栄養

スポンサード リンク

ほうれん草やキャベツと並んで、スーパーの定番小松菜は
カルシウムが豊富なことで知られる緑黄色野菜。

その栄養は、緑黄色野菜で言われるβカロテンやビタミンC、ビタミンB群ばかりでなく、ほうれん草同様に鉄分を多く含む野菜です。

なかでも注目なのはカルシウムで、ほうれん草の3倍以上も含まれ、野菜の中ではトップクラスの含有量。

貧血に、美肌に、骨粗しょう症にと女性にウレシイ栄養がぎっしりつまった食材ということになるでしょう。

栄養豊富な旬の5月ごろに、ぜひ、食べたいですね♪

小松菜 レシピ

小松菜のレシピで筆頭なのは

・小松菜と油揚げの炒め物
・小松菜と厚揚げの煮びたし

などでしょうか。

豚肉や鶏肉との相性もよく、

・小松菜と豚肉のさっと煮
・小松菜と鶏モモ肉のガーリック炒め

といったメニューも考えられます。


また、卵焼きに加えたり、カレースープに加えたりといった使い方も好まれているようです。




■小松菜と油揚げのレシピ

1:熱湯をかけ、油ぬきした油揚げを好みの大きさに切る
2:小松菜は根元の泥に注意してよく洗い、食べやすい大きさに切っておく
3:熱したフライパンにごま油を大さじ1位入れ、1と2を炒める。

4:小松菜に火が通ったらめんつゆなどを適当に(大さじ2~3)ほどかけ入れ
水分を飛ばして出来上がり。

小松菜の保存法

■冷蔵庫で保存するとき

湿らせた新聞紙に包んでからポリ袋へ入れ、野菜室に立てて保存
1週間以内に食べるのが理想です。

■冷凍庫で保存するとき

水洗いの後、よく水気を切り、調理に使う時と同じ大きさに切ります。
急速冷凍機能があれば、バットに並べて数時間冷凍。
パリパリにした後、保存袋へ入れて通常の冷凍室へ移すと使いやすいでしょう。
急速冷凍がない場合は、なるべく平たく、大きな塊にならないようにして凍らせると、炒め物などに利用するときに火の通りが早くて便利です。

小松菜 栄養 トップへ戻る