コーヒー 効果

コーヒー 効果

コーヒーの健康への効果と害について、簡単にまとめました。



コーヒー 効果

スポンサード リンク

コーヒーの効果として良く知られるものとして、次の二つが挙げられます。

・中枢神経の興奮作用
・利尿作用


また、カフェインに起因する健康の効果で言われているものは

・気管支喘息や狭心症の改善(効果は弱い)
・眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す
・呼吸機能や運動機能を高める
・強心作用
・二日酔いの頭痛改善
・ボケやパーキンソン病の予防

以上が言われていますが、あくまでも「カフェイン」に起因するものであることを忘れずに。


また、コーヒーにはポリフェノールが含まれますが
ポリフェノールの効果として

・肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防
・•飲酒による肝臓の負担を軽減
・血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防
・持久力が増す
・ニンニクやニラ等の臭いの元を消す(口臭予防)


などが挙げられ、コーヒーは古くは薬として用いられていたということも納得いきますね。

コーヒー 害

一方で、コーヒーの健康への害にも着目してみましょう。

・消化性胃潰瘍を助長する(胃液分泌を盛んにするため)
・貧血(タンニンが鉄の吸収を阻害)
・口臭(起床直後や空腹時など)

などが挙げられます。

また、刺激が強いことから、体質により下痢をする人もいるようです。



いずれにせよ、薬を大量に飲めば毒薬になるように、
コーヒーも大量に飲むなどせず、「たしなむ」程度に控えておけば、害は少ないと言えそうです。

コーヒー 効果 トップへ戻る